ヒツジグサの開花

園芸店でヒツジグサの株を購入し、使用しなくなった石臼に水をはり植えた。ヒツジグサは6月下旬頃から咲き始めた。
ヒツジグサは日本で自生する唯一のスイレンで、名前は、「未の刻」(午後1時~3時)に開花していることに由来する。
インターバル撮影で、11時から14時までの3時間を撮影した。11時45分ごろから開花が始まり、12時30分には全開した。
この個体の花の開閉は2日おこなわれた。

ヒツジグサの開花  3時間のインターバル撮影を動画にしています  (23秒)

 
 
non object