オトギリソウ
科目 オトギリソウ科 オトギリソウ属
季節 夏の草花 開花 7~9月
全長 30~60cm 区分 多年草
説明 名前は、この草が鷹の傷薬であることの秘密を漏らした弟を兄が切り殺した伝説に由来する。茎は直立して分岐する。葉は対生し、広披針形。花は茎の先端部に次々つけ、花弁5枚の黄色の一日花をつける。山野の林縁、草原など

春の野草へ  夏の野草へ  秋の野草へ

山麓の野草へ  湿地の野草へ  里山の野草 索引へ


里山 夏の草花・野草

人里
山麓
湿地
non object